比較のポイント

ECクラウドサービスを提供している業者は1つだけではありません。複数存在しているということは、よりよい業者を選ぶ必要があるのです。よりよい業者を選ぶためには、複数の業者を比較する必要が出てくるのですが、重要なのは比較をするべきポイントを抑えておくことでしょう。重要なポイントは、まず信頼できる業者であるという点です。信頼できないような業者は論外でしょう。
パソコンの写真
次に料金がどのようになっているのかが重要です。料金もECクラウドサービスを提供している業者によって変わってくるため、できる限り安い方がよいでしょう。ただし、料金だけを見ているようではいけません。料金とサービス内容をよく比較して、より安いところを選ぶ必要があるのです。近年はパソコンだけではなく、スマートフォンやその他のタブレットからインターネットを見る人も多いでしょう。

そのため、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットにも対応していることが重要です。もちろんパソコン向けだけでよいという場合には、それでも問題はありません。中には独自機能やカスタマイズが必要になってくる場合もあるのですが、比較する点はたくさん存在しています。できれば簡単に比較できるサイトなどを参考にするのがよいでしょう。

主な利点と欠点

どのような物であってもメリットとデメリットがあるように、ECサイト構築のクラウド型であっても、いろいろなメリットとデメリットが存在しているのです。重要なことは、デメリットをどのようにして回避するのか、もしくはデメリットを踏まえた上で、どのように使用していくのかです。では、クラウド型の主なメリットとデメリットを見ていきましょう。

主なメリットは、ECサイト構築に関する知識がなくても、借りた業者がある程度管理をしてくれるので、こちらで全面的に管理する必要がありません。システム開発も不要ですし、セキュリティ対策もしっかりと行われているので、情報漏えいなどのリスクが少なくなります。さらに低コストでの利用が可能になるというのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

一通りメリットの紹介を行いましたが、次はデメリットを見ていきたいと思います。実はクラウド型の場合、殆どデメリットはありません。フルスクラッチ型やパッケージ型で運用されていた物が、クラウド型に移行されていることぐらいでしょう。

ようするにデメリットがかなり少ないからこそクラウド型の構築運用システムを使用する企業が多くなっているのです。他の構築運用システムの場合には、もっとデメリットが存在しています。

クラウド型ECサイト

ECサイトの構築を検討したことがある人は、実際に導入をしているという人は、クラウド型という言葉を聞いたことがあると思います。しかし、クラウド型と言われても、何のことだかわからないという人もいるでしょう。よくショッピングサイトなどでは、選んだ商品をカートに入れる場合や、支払いなどを行う場合があります。また、メルマガなどに登録をすれば、自動的に登録されたメールアドレスに対してメールが配信されますが、このようなシステムの総称がクラウド型なのです。

ECサイトイメージ

このようなサイトの構築システムは、プラットフォームとも言われています。そのため、オンラインショップを運営している企業や、メールマガジンを配信している企業、ホームページにいろいろな機能を導入したいと考えている企業にとっては、なくてはならないと言えるでしょう。近年は何でもアルファベットで訳す傾向にあるのですが、クラウド型の場合にも、ASPと訳されることが多くなっています。ECサイトの構築を行う場合には、クラウド型以外にも存在しています。

それはフルスクラッチ型と呼ばれている構築運用システムや、パッケージ型と呼ばれている構築運用システムも存在しているのですが、あまり聞いたことがないという人も多いでしょう。なぜなら大半の企業では、クラウド型のECサイトを導入しているからです

推奨サイト<https://www.modd.com/
クラウド型ECサイト構築サービス「MODD」のサイトです。